ヘルペス後神経痛の原因と症状

たまにですがヘルペスと言う症状を介し、下肢部に神経痛を起こしてしまう人がいます。

ヘルペスを引き起こしやすい人は免疫力低下の状態で、なお且つ精神的にストレスを抱えたりと口唇ヘルペスはよく聞きます。
そんな体が弱った状態にヘルペスウイルスが入ると、ヘルペス独特な症状が現れます。

痛痒い患部を放ってしまうとその病原菌が陰部に飛び火したり性器ヘルペスを引き起こしてしまいます。
しかし、性器ヘルペスが完治しようとする時、体には倦怠感や発熱などの症状が消えようとしても下肢の重みは消えません。
気が付けば坐骨神経痛のような症状が残ったり、足がつってしまう症状をヘルペス後神経痛と言うようです。

ヘルペス後神経痛の原因は初期のヘルペス症状を軽視した事が大きく響いたのです。
初期症状を甘く見た事が大変な事態を引き起こすのです。

陰部に症状が飛び火する仕組みは幼稚園児が良く罹患する「とびひ」のような症状です。

自分自身が体の免疫力や体力が落ちてることはあまりわかりにくいです。

ヘルペス後神経痛を患うと腰痛としびれに苦しみますが、ヘルペス後神経痛は本来のヘルペスの症状が完治してから後に下肢部のしびれは緩和します。
初期症状でヘルペスを退治していれば煩わしい下肢の痛みに悩む事もありません。