腕神経叢神経痛の原因と症状

頸部を動かす神経である頚部神経が直接的に関与する腕神経叢神経痛。
その独特な複雑的な構造と頸部に無理な力がかかるなど(外傷的要因)頸部変形性脊椎症など頸椎の疾病を持つ(内科的要因)要因はひとそれぞれであり一概としては言えません。

症状として上腕神経痛同様に頸部から肩、腕、手首そして手の末端部にかけしびれや痛みが見られます。

この神経痛は頸部神経か腕神経叢どちらかに圧迫させる要因があります。
特異な症状として発汗、チアノーゼ(唇が紫色に変色)そして筋肉組織のやせ、骨も同時に細くなり、骨質や骨密度の低下などこの様々な特異な症状はなぜ起こるのかはわかっていません。

もしかするとこの神経痛が次の病気の前兆なのか?
一番気になる症状に筋肉繊維と骨や靭帯などが機能低下してしまう症状は無視できません。
かなり痛く眠ることも難しくなるようです。

この神経痛は頸部神経が絡み合うように束になった部分を「腕神経叢」というのですが、神経同士が絡み合い複雑な行動を織りなす際に出来た創傷を腕神経叢神経痛と言うようですが今時点では特異な症状が出る原因ははっきりとしませんが、ただ言える事は腕を動かす際の「自由度」が痛みとしびれと共に徐々に奪われてしまうのではないかという点です。