坐骨神経痛の原因と症状

この神経痛は「坐骨」から最悪の状態として末端部までしびれてしまう症状があります。

坐骨(臀部)から足の裏までを司る坐骨神経の末梢神経が傷つくと感覚が鈍ったり痛みを感じなくなったり、また足を曲げたりすると痛みが走ります。
痛みはしびれになり、このしびれがあるからゆえに眠れない、体を動かしにくいと不自由さを訴えます。

腰を強く打つなど交通事故で腰から臀部を強打した事による外傷性要因が原因になってしまう形や、慢性の腰痛を抱え少しずつ知らぬ間に末梢神経を傷つけてしまったりと、腰痛の痛みとは明らかに違う事が分かる筈です。
外傷性要因は若者に多く、下手をすると下半身不随となるパターンもあります。

少し前傾姿勢になりその時臀部から大腿骨に駆け痛みやしびれがあるようでしたら腰痛を抱えてる人でしたら腰に負担を掛けない生活習慣をつけるようにしてください。

酷くなると痛みやしびれは足先まで届いてしまいます。
この場合、腰部の椎体が圧迫される(椎間板ヘルニア)を引き起こしてる可能性が大きいでしょう。

坐骨神経痛は臀部(おしり)から軽度の方でしたら大腿骨あたりまで重度の場合下半身全体がしびれます。
坐骨神経痛の主な原因は慢性的な腰痛を抱えてる人、外傷的要因による交通事故などで突然発症する方も多いのです。