大腿神経痛の原因と症状

皆さんの中には太ももの前面や側面にしびれが来ても「坐骨神経痛だ」と大きく誤解される方が少なくありません。

腰椎部の断面図を見てみればわかるように人間の腹筋と背筋で固定されていてその腰椎部には坐骨神経以外の神経も下半身に伸びています。

大腿神経痛は太ももの前部や側部に起こるのです。
いわば腰椎は「沢山の神経の束」のようなものです。

どんな方でも最初は坐骨神経痛と大腿神経痛の区別は難しいです。

症状として上腿部の裏側から下腿部の裏側までしびれたり筋肉がつってしまうなど私生活には支障は十分にあります。
痛みが臀部から広がっていないので「坐骨神経痛」ではないと確信できますが、患部の痛み方が下肢全体に響くので「とりあえず坐骨神経だ」と素人判断は禁物だと言えます。

大腿神経痛の原因は外傷性要因はなく、ズボンなら痩せるように見えるようにベルトを腹部を縛ったり、きついコルセットの着用もいけないですよね。
また「腰痛を慢性的に患うからと言って腰痛防止ベルトをダイエットを兼ねて思いっきり巻き付けたら今度は上腿部の側面がしびれ出した」このような症状は自分で大腿部神経を圧迫してしまってるのです。

腰痛を治すための医療装具の使い方を誤ってはいけませんよね。