外側大腿皮神経痛の原因と症状

人体の上肢部の重みを垂直に重みを背負うのは腰椎だけではありません。
加齢による股関節の炎症より妊娠時のお母さんに多く見られ、胎児が大きくなるとともに股関節あたりから上腿上部の側面に神経痛の症状が現れる事があります。

痛みの発する場所は股関節であり、臀部ではないことから坐骨神経痛が関係しないことがわかると思われます。

神経痛は局部的な圧迫が原因で「痛み」や「しびれ」「患部が重く感じる」など様々な症状を引き起こします。

外側大腿皮神経痛は股関節部が胎児の重みで圧迫してしまっているからこそ発症するのですが、原因としては成長する胎児が悪い訳ではありません。
胎児は大きくなれば母親の腹部を内部から蹴ることが多く胎児を逆子(V字出産)させないために鼠径部の固定が義務付けられていますが、その固定がきつすぎる事で股関節に圧迫を与えた主原因と位置つけることが可能です。

胎児は羊水と言う水の中で成長をし始めます。
その水の中でいる限り胎児は平穏を保つことだ出来ます。

外側大腿皮神経痛は殆どが妊婦が発症させ、妊娠後も股関節からのしびれはありますが一過性の症状と言えます。
症状が軽快すれば元の生活を取り戻せます。
外傷的な要因がないのが特徴です。