頭部神経痛の原因と症状

「頭にも神経痛ってあるの?」
このような問いかけが来そうですが、実は頭と顔には異なる神経が領域を持ちます。

この二つの神経はともに3つに大きく枝分かれしているようです。
顔面全体を領域とする神経は三叉神経、この三叉神経の症状として「激しい顔面痛」。

この三叉神経は顔の額から眉まで(第一枝)
眉下から鼻まで(第二枝)
口腔から顎まで(第三枝)

顔面痛は強く私生活には支障が大きいと言えます。
顔の片方が傷むことがありますが顔に麻痺はありません。

原因としてウイルス感染や代謝障害が挙げられます。

顔面以外を領域にあるのが後部神経痛、この神経も3つに枝分かれします。
側頭部は大耳介神経が通り(第一枝)後頭部の中心を大後頭神経(第二枝)、後頭部の左側と右側を司るのが小後頭神経(第三枝)なのです。

後頭神経痛の主な症状は「頭痛」です。
側頭部や頭頂部、後頭部です。
この後頭神経痛の頭痛の場合、2か所同時に痛みを感じやすく一か所だけが痛くなると言うのはもしかすると稀なのかもしれませんね。

後部神経症の原因としては外傷的要因も疑わしいですが主に脳全体を支える頸椎に機能的に異常が見られます。
時と場合により三叉神経痛と後頭神経痛を同時に患ってしまう事はそう珍しくはないのです。
頭部神経痛は三叉神経痛と後頭神経痛の総称であると考えられます。