後頭神経痛の原因と症状

外傷的要因であるむち打ちなど頸部に負う事で後頭神経痛が起こします。

後頭神経は頚神経が伸びた部分であり症状として側頭部、頭頂部などの頭痛が頸部を通じ起こります。
咳払いなどでも後頭部から頸部へ響くように痛みます。
後頭部や側頭部、頭頂部が領域である後頭神経、顔面は三叉神経が占めています。

後頭神経痛の主原因とし外傷性要因である交通事故とと頸椎のゆがみ(先天性、後天性)です。
交通事故をした後で頭痛がひどくなった」このような事を訴える方はもしかすると後頭神経痛なのかもしれません。

痛みが側頭部まで及ぶのは頚神経の延長が後頭部と側頭部に分岐しているからでしょう。

後頭神経痛を引き起こす原因に大後頭神経痛の存在です。
後頭神経痛は触診が出来なく原因には外傷性は含まれません。
つまり頸椎の歪みや変形が原因であると言えます。

大後頭神経痛は触診が出来て原因は外傷性要因がほとんどです。

この二つの神経痛の共通点は症状は「頸部だけでは済まない」という点です。
頭痛を持病とされてる方は多く緊張型頭痛や偏頭痛、生死を分けるくも膜下出血の場合「金属バットで殴られたようだ」と表現する方も居ます。
その一部である後頭神経痛からくる頭痛、頭痛を抑える事も大事ですが頸部の異常を見つける方を優先しましょう。